問題改善サイト(健康) 

 問題改善サイト<TOP>                                             <サイトマップ>


 目指すべき未来


 1,長寿社会を、健康に生きるには、若いときから健康管理を行う必要があります。

 2,健康を維持するためには、適度な運動と、標準体重に管理することが必要です。

 3,標準体重に管理するためには、栄養バランスの良い食事をとる必要があります。

 4,特に、ダイエットを行う場合は、栄養失調等にならないように、栄養バランスに、特に、注意する必要があります。

 5,そのためにも、食事の内容を、摂取栄養素を、摂取カロリーを、正しく把握する必要があります。

 6,正確でかつ簡単な操作で、摂取栄養素及び、摂取カロリーを計算できる栄養素計算ソフトが必要です。

 7,そこで栄養素計算ソフトV2.0を開発しました。

                      2008年6月11日改訂
                      2007年8月3日発行

 現状のまま進んだ場合の未来


 1,日本は、世界一の長寿国になりました。健康を害した状況で長生きをすることは、個人にとって、社会にとって、大きな経済的負担であると同時に不幸なことであることは明らかです。

 2,肥満が続くと、心臓病や糖尿病など、臓器にダメージを与える慢性病の原因となります。

                      2008年6月11日改訂
                      2007年8月3日発行
            ↑ 未来へ              ← 改善            ↑未来へ

 今後改善すべき点

 1,健康
 1)健康管理の必要性
 今、医療費の高騰が問題となっています。病気になってから治すのでは、高額がかかるのもある意味当然です。生活習慣病などは予防により防げる病気です。その意味では、健康管理こそ、今後、最も重要です。

 2)健康管理

 健康管理を行う場合、健康とは何かを明確にする必要があります。今現在、健康な人は、この健康な状態を維持することが大切です。すでに、何らかの病気を持っている人は、この病気を治し、健康な身体にすることが重要です。また、今健康な人が、より病気になりにくい体質に改善することも必要でしょう。それぞれの人が自分の状態を正しく理解し、自分の身体にあった健康管理計画を立て、健康管理を行う必要があります。
 そして、最も病気にかかりにくい状態に維持し続けることが大切です。

 (1)長寿社会を健康で快適な生活を送るためには、医学の進歩に頼るだけでは、十分とは言えません。病気にかかってから、医者にかかり、病気を治すだけでは、十分とは言えません。

 (2)自分の持って生まれた身体の特徴を知り、長所短所を知り、病気にならないための、常日頃の努力をすることが望ましいと言えます。

 (3)飽食の時代、過食の時代において、生活習慣病を克服するためには、生活習慣を変える以外にはありません。

 (4)健康管理を行うためには、まず自分の健康状態を知る必要があります。

 (5)そして、適度な運動と、食生活の管理が重要となります。

 (6)そのためには、現在の健康状態と、正確な栄養素摂取量の把握が必要となります。

 (7)現在、一般国民は年に一度健康診断を行っており、健康に関するデータはすでに持っています。

 (8)この健康に関するデータから健康管理を行うためには、運動に関するデータと、食事に関するデータが必要になります。

 (9)健康管理を行うためには、正しい目標管理値を知る必要があります。

(10)人の身体には個人差があります。自分の身体を正しく把握する必要があります。

 病気治療型管理
 代表的な例として、生活習慣病やアレルギー病などがあります。摂取量を一定値以下に抑えることにより、病気の悪化を抑える健康管理があります。

 健康維持型健康管理
 病気にならないように、現在の健康を維持する健康管理。

 体質改善型健康管理
 現在の身体をより病気になりにくい体質の身体に改善する健康管理があります。

         2008年9月2日改訂
         2007年8月3日発行


  健 康

 1,健康

 1)健康管理の必要性



 2)健康管理














































 健康に関する日本の現状

 1,現在ウイルス性の病や、ガン細胞による病は、医学の進歩とともに克服されつつあります。

 2,しかし、生活習慣を原因とする病は、長寿社会になるに伴い深刻な問題になりつつあります。

 3,生活習慣病にならないためには、予防こそ大切です。予防医学こそ大切です。

 4,これからは、長寿社会を、健康で充実した生活を送るためには、病気にならない努力、予防こそ重要です。

 5,飽食の時代となり明らかに肥満が増加しています。

 6,肥満が続くと、糖尿病等臓器にダメージを与える可能性が高まります。

 7,一般国民は、年に一度健康診断を行い、健康に関するデータを手にしています。しかし、そのデータを、必ずしも有効に活用できていないのが現状です。

 8,一端臓器にダメージを与えると、薬ではなかなか治りません。

 9,長寿社会だからこそ、健康快適に生きるためには、若い頃から健康管理を行う必要があります。

10,厚生労働省も、メタボリックシンドロームとして、問題視し、問題解決に力を入れています。

         2008年7月15日改訂
         2007年8月3日発行



       <1999年3月1日ホームページ開設>
        <最新更新日2016年7月27日>


           <本ホームページに掲載の、文書・デザイン等の著作物を許可なく、複写、転載などすることを禁止します。>